看護師が有給休暇を消化して退職することは可能?

有休を使うタイミングはしっかりと見測りたいですね

看護師が有給休暇を消化して退職することは可能?

一生懸命働いて、得た有給休暇。 できれば退職前に消化してしまいたいですよね。 看護師が退職前に有給休暇を消化することは、ずばり、可能です。 そもそも有給休暇は労働基準法に定められた労働者の権利であり、使用者は、規定を満たした労働者に有給休暇を与えなければならないと決められています。

そして与えられた有給休暇は、基本的には自由に使うことができるのです。 自由と言っても、もちろん職場の状況がありますから、使うタイミングは上司や周囲と相談する必要はあります。たとえば同じ日に、たくさんの看護師が有給休暇を取得してしまったら、現場は回りませんからね。

退職前の有給休暇の消化も、同じように上司と相談して決めましょう。 退職前というのは、仕事の引き継ぎや、職場も一時的な人員不足などが起こることがあります。 きちんと残務整理や引き継ぎもしないままに、勝手に有給を消化するようなことがあれば、職場に多大な迷惑をかけることになります。

辞める職場とは言え、これまでお世話になった職場ですし、今後違う職場でも、またプライベートではお世話にならないとは限りません。職場のためだけでなく、自分自身のためにも、やるべきことを果たしてから有給休暇を消化しましょう。

ちなみに、職場によっては就業規則などで、退職前の有給休暇消化に関する事項が決められていることもあるかもしれません。しかし、有給休暇を消化する権利は労働者にはありますので、取得日の変更などは規則に沿いながら行う必要がありますが、消化はできます。

使用者側が消化の拒否をすることはできないので、そこはきちんと訴えてくださいね。 引き継ぎを終えてからまとめて有給休暇を取得するのか、引き継ぎなどをしながら、有給休暇を徐々に取得していくのかなど、やり方はさまざまあると思います。

いずれにせよ、職場や周囲の方々への配慮を忘れず、有給日もある程度連絡を取れる体制にするなどして、円満に退社できるようにしましょう。