大学病院での看護師待遇とは?!

大学病院で働くメリットって?

大学病院での看護師待遇とは?!

今まで大学病院で働いた経験がない場合、転職する際も大学病院を転職先に選ばないケースが多いものです。しかし、場合によっては、大学病院で働いた方が、今まで働いていた病院よりも待遇面で恵まれるということがあるようです。そこで、大学病院での看護師待遇について、いくつかご紹介していくことにしましょう。

まず、給料面ですが、基本的には今までの給料と大きく変わらないと考えていて良さそうです。また、残業をした場合は、しっかりと残業を付けてくれますし、勤務時間も管理されているため、サービス残業となることがまずありません。

それから、多くの大学病院では、キャリア形成に力を入れていますので、転職者に対する様々な優遇措置が用意されていることがほとんどです。

次に勤務時間についてですが、規模の大きい総合病院と比較すると、残業は少ないですし、プライベートの時間も確保しやすいといえます。

また、委員会などがあるものの、ペース的には月に1度くらいですので、そこまで忙しということもないでしょう。もちろん、前もって申告しておけば、休みを貰うことも可能です。 尚、多くの人が重要視する福利厚生ですが、寮が完備されていたり院内保育が用意されているなど、恵まれているケースがほとんどだといえます。

ですから、一般的な病院で働くよりも、非常に働きやすい環境にあるといえそうです。また、大学病院によっては、フレックス出勤が出来るケースもありますので、事前に確認してくと良いでしょう。 大学病院での、代表的な待遇については以上となりますが、最後に少しだけ業務内容にも触れておくことにしましょう。

噂話で一度は耳にしたことがあるかもしれませんが、大学病院では医師が注射や点滴などを行うケースが多いため、針刺し業務に慣れていない看護師が多いといわれています。

では、看護師はどのような仕事をしているのかというと、医師のサポートはもちろんのこと、服薬管理や患者さんの健康状態のチェック、メンタルサポートなどが中心となるでしょう。つまり、規模の小さい病院と比較すると、一人ひとりに合わせた看護を行うことになります。

看護師によって、向いている職場に違いがありますし、大学病院に向いていない看護師がいることも事実です。しかし、今まで大学病院で働いた経験がないのであれば、転職を考えた際に転職先候補として考えてみても良いかもしれません。